【TF6】失楽園HERO【2011/03環境】

プリズマーで三幻魔の名称をコピーし、ゲームオリジナルカードの失楽園で2ドローを狙うデッキです。
何度も失楽園の効果を使い、アドバンテージ差を広げればデュエルを有利に進めることができます。

スポンサーリンク

プレイング動画

(準備中)

デッキ

※ゲームオリジナルカードは、カード名の後ろに(オリ)と記載

・モンスター(12枚)
3 降雷皇ハモン
1 E・HERO ネオス
1 E・HERO アナザー・ネオス
1 E・HERO エアーマン
3 E・HERO プリズマー
1 BF-精鋭のゼピュロス
1 E・HERO オーシャン
1 オネスト

・魔法(19枚)
3 失楽園(オリ)
3 テラ・フォーミング
1 増援
3 E-エマージェンシーコール
3 ミラクル・フュージョン
2 超融合
1 未来融合-フューチャー・フュージョン
3 強欲で謙虚な壺

・罠(9枚)
1 神の宣告
1 聖なるバリア -ミラーフォース-
2 奈落の落とし穴
2 サンダー・ブレイク
3 ヒーロー・ブラスト

・エクストラ(15枚)
1 混沌幻魔まアーミタイル
1 E・HERO Great TORNADO
2 E・HERO Theシャイニング
1 E・HERO ノヴァマスター
1 E・HERO アブソルートZero
2 E・HERO エスクリダオ
1 E・HERO ジ・アース
1 E・HERO ネオス・ナイト
1 E・HERO ガイア
1 ジェムナイト・パール
1 No.39 希望皇ホープ
1 イビリチュア・メロウガイスト
1 インヴェルズ・ローチ

回し方・流れ

まずは、とにかく失楽園とプリズマーを揃えることです。
失楽園は、テラ・フォーミングを含めて実質6枚、プリズマーは増援やエマージェンシーコールで実質7枚。
強欲で謙虚な壺も採用しているので、初手に失楽園とプリズマーが揃うことも珍しくありません。

(2ドローの手順)
場:プリズマー、失楽園

  1. プリズマーの効果で、デッキからハモンを墓地に送り名称コピー
    →失楽園の発動条件(フィールド上に三幻魔がいずれか1体以上いる)を満たせる
  2. 失楽園の効果で2ドロー

失楽園の2ドローで失楽園やテラ・フォーミングを引ければ、さらに2ドローも。

採用理由・候補

(採用理由)

降雷皇ハモン
失楽園を発動するための名称コピー用として採用。
引いてしまうと手札で腐ってしまうが、手札に引く可能性を高めても失楽園で2ドローできる回数を増やしたいと考えての3積み。
光属性なので、墓地にいけばシャイニングの素材にも。

E・HERO ネオス
ヒーロー・ブラスト
失楽園がなくても、プリズマーの効果を活かすために採用。
プリズマーでネオスをデッキから墓地へ送ることで、ヒーロー・ブラストの発動条件を満たすことができ、相手モンスターの展開を牽制できる。

E・HERO オーシャン
こちらもプリズマーの効果で利用するために採用。
プリズマーとミラクル・フュージョンがあれば、2枚消費するが速攻でアブソルート・ZEROを出すことができる

  1. プリズマーの効果で、オーシャンを墓地へ
  2. ミラクル・フュージョンを発動 場のプリズマーと墓地のオーシャンを除外してアブソルート・ZERO

混沌幻魔まアーミタイル
E・HERO ネオス・ナイト
E・HERO ジ・アース
プリズマーの名称コピー用に採用。
それぞれ、下記のモンスターの名称をコピーするため。

  • アーミタイル:三幻魔
  • ネオス・ナイト:ネオス
  • ジ・アース:オーシャン

BF-精鋭のゼピュロス
未来融合-フューチャー・フュージョン
効果を使用した失楽園を手札に戻し、もう1回効果を使うために採用。
具体的な手順は以下の通り。

手札:未来融合
場:プリズマー(三幻魔の名称をコピー)、失楽園(効果使用済)
デッキ:ゼピュロス

  1. 未来融合を発動 エスクリダオを指定し、ゼピュロスとHEROを墓地へ
  2. ゼピュロスの効果 場の失楽園を戻して特殊召喚
  3. 失楽園を出して効果を発動し、2ドロー

強欲で謙虚な壺
失楽園とプリズマーを揃えるために3積み。
序盤は特殊召喚をそれほどしないので、感覚的には3積みでも全然問題なかった。

E-エマージェンシーコール
プリズマーをサーチするために採用。
増援と違い、ネオスを持ってくることもできる(サンダー・ブレイクとヒーロー・ブラストがあるときなど)。

オネスト
聖なるバリア -ミラーフォース-
奈落の落とし穴
サンダー・ブレイク
プリズマーを場に維持することができれば、次のターンにも失楽園で2ドローできるので、これらのカードを採用。

(採用候補・不採用理由)

神炎皇ウリア
ミラクル・フュージョンでノヴァマスターを召喚するために採用してもいい。

ハリケーン
失楽園を手札に戻すことができ、ミラクル・フュージョンや超融合を絡めてワンショットを狙う際にも使える。
ただ、そこまでワンショットを狙うデッキでもないので、要検討。

成金ゴブリン
失楽園での2ドローの可能性を高めたい場合に採用の余地あり。
相手のライフを1000回復させてしまうが、超融合やミラクル・フュージョンのおかげで意外と気にならない。

サイクロン
このカードを採用よりも、手札コストはかかるがモンスターも破壊できるサンダー・ブレイクのほうがいいと考えて入れ替わるような形で不採用に。
失楽園でドローできれば、手札コストもそれほど気にならない。

おろかな埋葬
ゼピュロスを墓地に落とす用として。
ただ、他に墓地へ送りたいカードもそれほどない(ネオスぐらい)し、先に未来融合を使っていれば完全に腐ってしまうのも難点。

神の警告
「プリズマーを維持するためにライフを2000払うのもどうなんだ?」という思いもあり、不採用に。
正直ちょっと迷ってる部分も…。

長所・弱点

長所としては、初手に失楽園とプリズマーを用意できる確率が約4割強となかなかの高さ(失楽園が実質6枚、プリズマーが実質7枚体制の場合。強欲で謙虚な壺を考慮するともう少し高くなる)。

弱点や課題としては、どちらか一方のカードが偏ったり、デュエルの終盤でサーチするカードがなくなったりする点。
サーチカードを減らして汎用的なカードを採用するのもひとつ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました